時は21世紀。今じゃんw
20世紀は21世紀になるとどんな社会になるんだろう。
…何か変わりましたか?
会社から支給されたものは、社員証・社章バッチ、、、携帯電話 ← New!
携帯電話になって問題なければいいのですが移動中でも休憩中でもお手洗いでも電話。意味ねぇ。
朝夕は通勤電車で地獄。変わってねぇ。誰か武空術で飛んで出勤とかいないかな。

そうですまるで変わってないんですよ日本は。

そんな中フリーランスは特に活躍しています。
アメリカでは専門性とスキルが高く、教育することもなく即戦力だからということです。
そんなフリーランスのメリットは何といっても中間マージンがないこと。
100万円で受注して、会社が利益を持っていって、間接費も取られて、あれ?手元こんだけ?
それが自身になるのですからメリットは大きいでしょう。
そんなフリーランスをこれから踏み出す人へ、今もフリーランスで仕事をしている人へ、
求人・仕事サイトをまとめてみました。

正社員でフリーランスという安心を。「midworks」「ギークスジョブ

エンジニアの独立スタートアップにmidworks

mid

正社員並みの保証付きでエンジニアの独立サポートをしてくれるmidworks。
保険の半額負担で労使折半の保険や会計支援、またスキルアップのための勉強費用を月1万円まで支給と、
勉強しながらフリーランスへと導く手厚さ。まず第一歩を踏み出すには非常に熱い。
登録も30秒で終わるのでサクっと一歩踏み出してみましょう

midworksに登録する

福利厚生サービスも充実のギークスジョブ

geeches

webにアクセスするとわかるんですが、そうそうたる企業が並んでいますw
こういう会社もやはりフリーランスのような存在が多く必要なんですね~
特徴としては、あらゆる環境でチャレンジさせてくれるようなんですね。
はっきり言って、環境を変えるというのは若ければ若いほど何度もしたほうがいいと思います。
それくらい日常の中に刺激を与えてくれる不思議な力を持っているんですよ。
登録は30秒で終わりますし、初めの一歩に合わせてどうぞ。

ギークスジョブに登録する

エンジニアの価値を高める「レバテックフリーランス

leva

このインパクトあるタイトル、いいですねぇ。
ホントその通りだと思いますよ。
だってエンジニアの労務無視でコストカットを取引でも企業内でも行った結果、
モノづくり大国の大企業が潰れて行ってるんですから。
エンジニアは重宝されるべきなのです。

マッチングした後もフォローしてくれるのを前面に押し出しているのがいいですね。バンザイ。
フリーランスって孤独になりやすいところがあるのでその点は非常にありがたいですね。

すごいなと思ったのは、初心者からでもできること。
スクールがあることで、学んだ後にでもフリーランスになれるというところ。
手厚いサポートができるのは、会社の価値が高いからといえるでしょう。

レバテックフリーランスに登録する。

クラウドソーシングでフリーランスの道へ

これが21世紀の在り方ともいえるかもしれません。
自宅で仕事。大雨洪水雷強風なんのその。交通費もいらない。
自宅にパソコンとネット回線があればできるんですよ。
本業から副業まで自由にチョイスしてくださいw

■関連記事 給料が少ないなら、クラウドソーシングで稼げばいい。残業するのはムダ。



案件数なら、「ランサーズ」「クラウドワークス

lancecw
ちょっとググればすぐに出てくるのがこの2つ。
つまり最大手ということです。
案件はこの2つが最も多く、「★★のデザイン募集」「▲▲のネーミング募集」「※※の営業」「●●のサポート業務」などなどなど…
まずはこの2つを登録するのが一番いいかとw

ランサーズに登録する
クラウドワークスに登録する

長く続けるなら「Bizseek

biz
こちらは手数料がおそらくクラウドソーシングの中で最も安く、
実名制なので、良い結果や良い仕事をすれば、信頼ができることもあって、
長い付き合いになりそうです。

ちょっと知名度には欠けているためか、登録者数や案件数が少ないのが傷ですが、
クラウドワーカーとしてはパラパラ案件を確認して、
長期的な視野に立ったクライアントの案件を 積極的に取りに行くというスタイルが
現在のやり方として一番よろしいかと思います。

サービスとしては、Facebookが日本では最初流行らなかったように、
単純に受け入れ側の準備が整ってないだけかと。

Bizseekに登録する

どちらにせよ、会社に縋り生きる時代は終わった。

僕たちはもうそんな時代には生きていません。
ライフスタイルさえ多様化している今だからこそ、会社に縋って終身雇用する時代はとうに過ぎたのです。
会社に40年雇用されたところで給料は通じてそんなに多くないでしょう。
僕たちが生きて、生き抜いていくためには、どのようにお金を稼ぐか、
真剣に考える時代が来ています。
まずはクラウドからでも、仕事を増やしていくことを強くお勧めしますw
数年後、数十年後、変わっているはずですから。やるかやらないかの違いだけで。