井の中の蛙大海を知らず。新卒でずっと定年まで働き続けることを言います。
これからは転職をしておかないと、不利になる時代が訪れると思います。
「やりたいこと、なかったの?」なんて思われても不思議はありません。
「ひとつの会社に属し続けて、って、もしかして赤字社員?」って思われても不思議はないです。

僕は1年目でベンチャー企業を辞め、2年目で大企業を辞め、3年目でまたベンチャー企業を辞め、
そんな感じで会社員生活をスタートさせました。
大いに役立ってますよ。サッカー選手みたいに移籍はするもんです。
あ、もちろんITだけじゃなく他の業界でも十分通用する内容になっています!

ITエンジニアには「AFI JOB

AFI JOBは凄まじいことに6年間離職者0という凄まじい転職サイト。

60
この時点でもはや満足度が高いことがうかがえます。

会社の事情ではなく当事者つまり自分の事情で決めることができるのが強み。
AFIJOB
自分の意見で仕事を決められるってことは、それだけの顧客を抱え、
企業は待機状態にもなっているのでしょう。

ニッポンの社長というベンチャーサイトにも運営会社の社長さんが掲載されています。
- 優れた業務スキルと人間力で勝負する新しいエンジニアを育てる。


AFI JOBに登録する

Facebookを使ってスカウティングで転職!「Switch.Nexstar

スカウト転職とかまさにサッカーでいえば契約期間の残る選手に移籍金を払ってでも獲得するみたいなものw
これらはFacebook連動でおそらく1分もかからず登録可能。CMになったらポチッとしちゃいましょう。
誰にも知られることなく無料でサクっと転職活動可能です。
逆に転職が面倒って方もかなり敷居が低いでしょう。

Switch.はFacebook登録してスカウティングされたらワンクリックするだけ!

Switch

たった3ステップで登録から転職までのやり取りができるのが大きな強みのSwitch.
エントリーして、スカウト待って、いいね!して、やりとりするだけ。いつでもどこでもできる。
3step

採用決定後はAmazonギフト券10,000円分もらえるという嬉しいお祝い金制度も。
見てみたところこちらもIT企業は多めに掲載されているようです。
ベンチャー、スタートアップ、大企業、外資系まで様々。幅広くて選択肢が広がるのはいいですね。

Switch.に登録する

NexstarもFacebookにワンクリックログインで準備完了!

Nexter

超高らかにお祝い金が書かれたその先をクリックするだけ!
あとはマイページが作られます。webブラウザのメール画面を見ているようだけどその通り。
browzer

やりとりするのはSwitch.と同じです。
オンラインでチャットのようにやる感じですね。

こちらはただひたすらに待つだけなので検索も何もないのですが、
ネットマーケティングという大手広告会社なので心配は無用かと思います。

Nexstarに登録する



ひとりで転職が不安なら、コンシェルジュと相談して!「ワークポート」「パソナキャリア

いくら家族や友人がいたとしても転職に不安があるのは未だ致し方ないと思います。
そこで転職エージェントという名のコンシェルジュが希望の転職をサポートしてもらいましょう
それでも登録は3分程度で済みますのでこちらもぜひ。

ワークポート」は1分登録でコンシェルジュと面談できる。

workport

応募フォームに1分入力するだけの超手軽な登録で
コンシェルジュとやり取りできるようになるのは非常に魅力的。

平日は20:30まで、休日でも対応してくれるので、忙しいビジネスマンでIt's OK。
また、「女性」というくくりもあるので、女性を受け入れてくれる心優しい企業を探せるのも強み。
転職の超プロ集団たちがあなたをサポートします。

ワークポートに登録する

パソナキャリア」は正しい時期さえ相談に乗ってくれる。

当然、転職となれば「今したい」「半年後くらいにしたい」などと出てきますが、
時期を逸していればそれさえも進言してくれるキャリアアドバイザーがいます。
サッカーでいえばビッククラブで出場する前にレンタル移籍で出場機会を得て実力を磨け、ってとこでしょうか。

pasona

登録も3分程度で終わります。
キャリアアドバイザーが業界ごとにいるのも大きな強みだと思います。もちろん専任で。
成功事例も紹介されているので、ロールモデルを作って一歩踏み出すのも良いですね。

パソナキャリアに登録する

今の自分を脱却するために、環境を変える一歩の勇気を

これに尽きると思います。
何を恐れているのかもわからず飛び出したのならいいのですが、
自身が何を求めどのように手にするか、というハウツーよりも、
まずは一歩踏み出してみる、っていう勇気。とりあえずやってしまう、っていう行動。
これこそが大事なのではないでしょうか?新しい良き出会いも一歩踏み出さなきゃありませんし。
まずはアクションすることをお勧めします。