前々から記しているように、はっきり言ってリスクが高すぎます。

そこにこんなニュースが飛び込んできました。

殺人的な通勤ラッシュの東急田園都市線が臨時特急「時差Bizライナー」運行へ

東京都が実施する朝の通勤ラッシュの緩和プロジェクト「時差Biz」と連動し「グッチョイモーニング」(以下、本取り組み)と総称する朝ラッシュ混雑緩和に関する取り組みを行います。

別に東急電鉄さんを批判するわけでは全くありません。

要約すると、6:04に中央林間駅を発車して、途中、長津田、あざみ野、溝の口、渋谷に停まる
特急列車を1本、期間限定で運行しますよ~とのこと。停車駅が乗換駅だけなのが特徴ですね。

109

渋谷にオフィスがあるとしたら7:00には着いてしまうんですね。
始業前の2時間をどう使うかにかかっています。
一番最悪なのは2時間前に就業したはいいものの、結局いつもと同じ時間に帰宅すること。
まったく目も当てられない状況ですね。

どちらにせよ、通勤がムダだということに気付くべき

満員電車で圧迫されながら、男性は痴漢に間違われないように対策しながら、
ドア付近に立っている場合は、停車駅でいったん降りてまた乗って。って。
そんなことに慣れているあなたは損というムダしてることに気付くべき。
そんな苦しい通勤地獄の真っただ中でも、市場は動いていることを忘れてはいけない。

うまく座れて寝ていようが、スマホいじってようが、酸素の薄さに倒れそうになりそうが、
市場は動いているのでそれだけチャンスを自ら逸していることや
通勤で体力使って本業のパフォーマンスをうまく発揮できないことに早く気付くべき。
仕事ができないっていうレッテル貼られてもこんな理由じゃどうしようもない。

■関連記事 給料が少ないなら、クラウドソーシングで稼げばいい。残業するのはムダ。
ほら、こうしている間にたやすく稼げるんですよ。

当たり前を当たり前だと思わず、疑問視するのは当然

今やモノがあふれ豊かになったといわれていますが、そんなことはありません。
逆にそれに溺れてしまっては全く意味がないからです。
上述の電車でいえば、Suicaとかでタッチすれば乗れてしまうけど、
乗った区間の運賃はあんまり気にしなくなる人が多いと思います。僕は気にするけど。
子供ならなおさら。ヘタすればSuicaさえ持っていればタダで電車に乗れると勘違いしても不思議はない。

そういう当たり前のことに少し深く目を向けるのはビジネスマンとして当然のことではないかと。

在宅勤務の整った会社や、移動時間の少ない会社に転職または引越すのがベスト

今の会社が満足なら良い話ですが、それでもという方はやはり対応策を練るべきです。
移動時間の少ない会社は各々あると思うので、在宅勤務でご紹介します。

まずリクナビネクストに会員登録した上で「在宅」とか「リモート」で検索するだけで結構出てきます。
rikunabi
業界全体で160件程度の募集ですかね。
ざっと見たところ僕が働いてもいいかな~って思った会社は8割近くありました。

もうちょっとハイクラスにしたい場合は、同じリクルートのキャリアカーバーもおすすめ。
cc
こちらも78件。だいぶ多くて良案件が多いと思います。さすがハイクラス。
しかもレジュメを埋めておけばヘッドハンティングもありますから得しかありません。

Find Job!も在宅案件をサーチすることが可能。しかもIT系に特化しているのでぉっょぃ。
fin
IT系なのでだいぶ良いと思います。時代がそれを求めているんでしょう。

今は主にIT系、外資系、ベンチャーあたりは確実に在宅OKですよね。

今時在宅勤務を使わない会社は狂ってるよ、

天災が起きても、電車が止まっても、それでもビジネスは続くのです。
それは時間を止められない宿命なのです。
今、ビジネスをするにはどうしたらいいのか?考えたときに在宅でできないほうがおかしいのです。
別に引きこもりになれって言っているわけじゃないですけどw

っていうか日本企業は雨嵐で電車止まってるのに出勤してこいとかいうじゃん。それがまず悪。
そのくらいの整備はしないと置いてけぼりをさらに食らうでしょうね。
そのひとりにならないように気を付けてくださいw